2008年4月19日土曜日

Safariでマウスジェスチャ! - SafariGestures

これまで「マウスジェスチャ」機能を利用したことは無かったのですが、実際に使ってみると便利ですね!手放せない機能になりそうです。

SafariGestures」は、その名前の通りSafariでマウスジェスチャ機能を利用できるようにします。3月19日にVer 0.0.1がリリースされてから、とても早いペースで機能アップや不具合の修正が行われています。4月19日現在、Ver 0.0.7が最新です。

「SafariGestures」の基本的な操作方法はとてもシンプルで、「右クリック」を押しながらマウスを動かすだけです。このマウスの動き=ジェスチャが、Safariのコマンドを実行するトリガーとなります。例えば、「右クリック」を押した状態でマウスを右から左へ動かすと、ブラウザの「戻る」が実行されます。ジェスチャーとコマンドの対応付けは、Safariのメニューバー「SG」→「Preferences」から行う事ができます。


↑「Preferences」を選択すると次のようなダイアログが表示されます。



↑この画面で、マウスジェスチャと実行するコマンドの対応付けを行うことができます。それ以外にも、ジェスチャの軌跡を表示するようにしたり、ジェスチャ開始のトリガーとなる修飾キーを設定する事もできます。


ジェスチャは上下左右4方向の組み合わせで表現します。ちなみに、上方向=「U」、下方向=「D」、左方向=「L」、右方向=「R」と表記します。(最初「戻る」を実行しようとして、「L」の字を書いていました...。これは私だけかもしれませんがw)

また、ジェスチャに対応するアクションは、なんと、Safariのメニューバーにある全て!これに加えて、「SafariGestures」が提供している独自のコマンドも利用できます。個人的に気に入っているコマンドは、「選択文字列を新規タブで開く」と「上の階層へ移動」です。特に「選択文字列を...」コマンドは、例えば「ttp://foo.com/bar」のような完全でないURLも自動的に「h」を補完してページを開いてくれるのでとても便利です!


今まではキーボードショートカットなどから操作していたのですが、マウスだけでアレコレ操作できると想像以上に便利でした。という訳で、Safariをより快適に使うために「SafariGestures」はいかがでしょうか!?

2 件のコメント:

griffin-stewie さんのコメント...

作者のgriffin-stewieです。
ご紹介いただきありがとうございます。

>「L」の字を書いていました...。
同じことをした他のユーザーさんがいました。
初めてマウスジェスチャーというものに触れる方に対しての説明が少ないですよね。以後、気をつけたいと思います。

個人的におすすめな利用としては
他のプラグインがメニューに追加したものもSafariGesturesから実行できるので
SafariStandのHistoryFlowやSafariTabsのUndoを割り当てています。また、Optionキーを押すことで変化するメニュー(すべてウインドウを閉じるなど)にも対応していますので結構自由度が高いと思います。
ジェスチャではありませんが、独自コマンドの”クリップボードから新規タブで開く”をショートカットキー”Option+Command+V”に割り当てて使っています。複数URLも展開できますのでメールからとかでも使えておすすめです。

これからも使っていただけるとありがたいと思います。
長々と書いてすいませんでした。

erpalacion さんのコメント...

griffin-stewieさん、コメントありがとうございます。

まさか、作者の方に来て頂けるとは!加えて、オススメの利用方法まで教えて頂き、本当にありがとうございます。

まだ使い始めたばかりなのですが、すでに手放せない存在になっています。特にwebを巡っている時は本当に欠かせないです。これからも使わせて頂きます!