2008年4月24日木曜日

ホイールジェスチャで更に便利に! - SafariGestures Ver0.0.8

先日紹介した「SafariGestures」が新しくなって、また進化しました!

Ver0.0.8では、新機能「ホイールジェスチャ」が追加されました。これまでのバージョンでも、「右クリック+ホイール」でタブの切り替えを行う事ができたのですが、Ver0.0.8からタブの切り替え以外のコマンドを割り当てることや「左クリック+ホイール」のジェスチャにもコマンドを設定できるようになっています。この新機能のおかげで、Safariがますます快適になりました!

詳しくはコチラからどうぞ!


ここからはMighty Mouseを利用している方限定だと思うのですが、ホイールが少し「敏感」です。人によって差異があるとは思いますが、隣のタブに移動するのが意外と大変かもしれません。(私の場合、どうしても動かしすぎで通り過ぎてしまう!)という訳で、少し慎重に操作をする事を心がけると良いと思いますw

Mighty Mouse限定としたのは、他のマウス(MS製)を接続した場合は、普通の動き、ある意味期待通りの挙動でしたので。また、「システム環境設定」→「キーボードとマウス」→「マウス」→「スクロール」を最も「遅い」設定しても特に変わらなかったので、ハードウェア依存の話なんだろうと思っています。

という訳で、最後に要望?を挙げておきます。現在は1スクロール=1コマンドになっていると予想しているのですが、これを例えば、5スクロール=1コマンドのようにスクロール量を調整できるようになるとありがたいな〜と思いました。(どうせすぐに慣れるし、必要ないか...w)

2 件のコメント:

griffin-stewie さんのコメント...

実は最初のバージョンから右クリック+ホイールでタブの切り替えができてました。僕がSafariGesturesを作りたかったきっかけはホイールジェスチャでタブの切り替えをしたかったからなんです。個人的には初期のSafariGesturesの売りはMac(Safari)でホイールジェスチャができることでした。

ただ、Ver0.0.1から0.0.7までは内部でコマンドを決め打ちにしてたので設定画面上に項目がなかったがためにこの機能を知らない方が結構多いみたいです。
そんなことをこの間SafariGesturesをいっしょに作っているCanberlandさんとも話していたところでした(汗)

そこで今回、左クリック+ホイールで履歴を操作したいという要望を頂いたのをきっかけに、左ホイールジェスチャだけ設定画面があるのは変だから右も同様に設定できるようにしようといったわけです。

>ホイールが少し「敏感」です。
MightyMouseやMicroSoftのマウス、トラックパッドの類はホイール操作にクリック感がないので使いにくいですよね。僕はWindowsをメインで使っている時からマウスを買うときの条件がホイールのクリック感ですw

>スクロール量を調整できるように
MightyMouseユーザーは結構いると思うので実装できそうなら実装してもいいかもしれません。調査、検討させて下さい。その間に慣れてしまったりしてw

erpalacion さんのコメント...

griffin-stewieさん、またまたコメント頂きありがとうございます。

Ver0.0.7までのホイールジェスチャの件は少し誤解していたようです...。ゴメンナサイ!また左右を取り違えていた箇所もあったので、本文を少し修正しました。

「スクロール量」の件はもし実装できるなら是非!なのですが、実はもう慣れてきつつあります。意外となんとかなるモノですねw

もし何かお手伝い出来る事があれば申しつけ下さい。私に出来る事があれば何でもやりますヨ!