2008年3月11日火曜日

「Burn」でMP3などのファイルからオーディオCDを作成してみた。

以前のエントリで、「Burn」では動画ファイルからDVDが作成できる...という話をチラッとしたのですが、残念ながら私のMacbook(梅モデル)では試す事ができません。代わりに、CDを焼く事ならできるので、mp3などのファイルからオーディオCDが作れるか試してみました。(オマケで、今流行り?の「H.264」動画からオーディオ作成をできるかも試してみました。→後述)

使ってみてすぐに分かったのですが、「Burn」でオーディオCDの作成するのは本当に簡単です。作り方の手順はこんな感じです。
  1. 「オーディオ」タブを選択
  2. 「オーディオCD」を選択
    →mp3対応機器をお持ちの場合、ここで「mp3ディスク」と設定する事もできる(未検証)
  3. ソースとなるファイルを選択
    →ファイルをウィンドウにドラッグ&ドロップする、又は「+」ボタンから追加する
  4. 「ディスク作成」ボタンをクリック




コレだけの操作で、ソースとなるファイルをaiff形式に変換、オーディオCDの作成まで自動的に行ってくれます。

ちなみに、ソースとなるファイルですが、いくつか試してみました。
  • mp3 → OK
  • m4a(AAC) → OK
  • flv → ×(「ディスク作成」ボタンが有効になりませんでした)
  • mp4(H.264) → OK
という訳で、flv形式の動画に関しては、「iSquint」、「FLV2iTunes」などで一度別の形式に変換する必要がありそうですが、「H.264」動画は音声部分だけを直接オーディオCDにする事が出来ました。

これは改めて指摘するまでもありませんが、オーディオCDにしたからといってCD音質になるわけではありません。音質は、ソースに依存します。特に「H.264」形式の場合、動画がメインのファイルだと少し厳しいかもしれません。

また、aiff形式に変換されることで、ファイルサイズが増大する事が想定されます。1枚のCDに収まるかどうかは、ソースとなるファイルサイズの合計ではなく、演奏時間で判断した方が良いでしょう。通常のCDと同じように70分程度が目安になると思います。


以上、ちょっと実験してみたので、まとめてみました。でも今のご時世、使い途があるかどうか不明ですけど...。

0 件のコメント: